ミュゼプラチナム 痛み

脱毛が痛いわけ

脱毛が電気針で毛根を破壊する方法だけだった時代には痛みがあって当たり前のエステメニューでした。

 

それはレーザー脱毛にしても同じことで、毛根に熱を加えることでたんぱく質を変性させているためにムダ毛が生えなくなっていくのです。

 

あからさまに言えば皮膚の下で毛根だけに軽いやけどを起こすような状態を人工的に作っているようなもの。

 

毛穴付近の神経細胞に痛みの刺激を受けてしまうのは当然なんです。

 

 

痛みの強度の差=脱毛効果の差

 

毛根に与える刺激が大きいほど痛みも強いですが、毛母細胞が受けるダメージも大きいので、その後のムダ毛はより生えにくくなります。

 

ですので、ミュゼなどのエステサロンでのフラッシュ脱毛よりもレーザーでのクリニックの医療脱毛の方がムダ毛の減り方だけを見ればずっと早いのです。

 

なので痛みさえ我慢できるのであれば、値段が高いとはいえクリニックも選択肢のひとつではありますね。

 

 

レーザー脱毛はどのくらい痛いのか?

 

クリニックで受けるレーザー脱毛は脱毛効果はたしかに高いですが、その痛みはかなり大きいものになります。

 

レーザー脱毛ので痛さは、よく「輪ゴムで弾かれるような痛み」といわれているのをあなたも見かけたことがあるかもしれませんね。

 

 

肌の上で押さえつけた輪ゴムを引っぱり、その手を放すと「バチンっ!」とかなりの痛みを感じます。
あの感じが照射時の痛みの例えとしてよく上げられるもの。

 

とはいえ「まぁ、あのくらいならガマンできなくないかも?」と思えなくはありません。

 

 

ところが!

 

それは1回の照射ごとに感じる痛さなのことなんです。

 

 

もし脱毛する範囲が広ければ、そのバチン!バチン!という痛さが施術中ずーっと続くと言うこと。
その間、じっと痛みに耐えていなくてはなりません。

 

痛みがつらすぎる人の中には、肌の表面に麻酔クリームで処置してもらう場合もあるほど。
もちろんそれは別に料金がかかりますし、毎回そんな目にあうのでは通い続ける気持ちがうせてしまっても不思議ではないでしょう。

 

 

光脱毛は絶対に痛くないの?

 

フラッシュ式の光脱毛はレーザーに比べれば痛みはほとんど感じません。

 

それでもその人の肌質や肌色、毛質によっては痛みの感じ方に差が出ます。

 

同じ人でも脱毛箇所によっては痛みの強いところもあるのです。

 

 

わたし自身、ワキやヒザ下などはいつも何とも感じませんが、Vラインは時々「痛っ」っていうこともありました。

 

これは、ムダ毛が太い方が熱が多く伝わるから痛みも強く感じてしまうから起きる現象ですなのですが、見方を変えれば、毛根へのダメージも大きいので「効いている」ことでもあるんです。

 

 

でももしあの痛みが施術中にずっと続くのだとしたら、かなり苦痛に感じると思いますし、ミュゼに「ほとんど痛くないっていうの嘘ですね」って文句の一つもいうでしょう。

 

痛みの感じ方には個人差があるので、多少痛くてもガマンできる人もいれば、絶対にイヤ!という人もいます。

 

こういう痛みに劇的に弱い人からすれば「痛くないといってたのにそうじゃなかった」と、クレームがついたりそれがトラブルに発展してしまう可能性は否定できません。

 

 

 

でも、結局のところご自分が感じる痛みの強さはあなたにしか分からないことですから、迷っているのでしたら一度ミュゼで脱毛してみるのはどうでしょうか?

 

いまなら250円という破格な料金設定なのですから、実際に体験してみてダメならやめてしまってもそれほど惜しい金額ではありませんよね?

 

 

カウンセリングの際には「実際に体験してみて痛くなかったら通います」というのでも構わないワケですし、想像で痛みを怖がっていてもいつになってもムダ毛の自己処理から解放される日はやって来ません。

 

多少の勇気も必要?ってことで、がんばってみるのもありかなと思いますよ(*^-^*)